ライフワークバランスとは女性が自立できる第一歩

ライフワークバランスとは最近よく耳にします。子育て世代のママが「ライフワークバランス」を意識するだけで今よりメリハリのある、ワクワクする毎日を過ごすことができるようになると言いますが、それではそのライフワークバランスとは一体、どのようなことなのでしょうか。

働きながら子育てをしているあなた、もしかして生活費や教育費のために仕方なくやり甲斐のないお仕事に行き(>_<)。。。そして疲れて帰ったら家事育児をして寝るだけ、というちょとつらい生活になってはいませんか?

時間に追われる生活から抜け出したい!そんなあなたがもっと素敵な理想の自分に変わって行く。気持ちに余裕のある生活を実現するために1番重要な事ってどんなことなのでしょう。

ライフワークバランスとは


簡単にまとめると「仕事と生活の調和」あなたがやりがいのある仕事に充実感を感じ、なおかつ家庭と上手く両立させること。

「プライベートの充実により仕事がうまく進み仕事がうまくいくことによってプライベートも充実する」そんな相乗効果を高める取り組み。では、そのためには具体的にどんなことを実践すればいいのでしょう。

それは、、もしかしたら、ほんのちょっとだけ、あなたの意識を変えるだけでいいのかもしれません。世間一般で、それが当然とされている大きな思い込みというものがあります。

その時代で、決めつけられていたような大きな思い込みとは、、、

一昔前は、、、

1つの職場に長く務めることは当たり前で、それが1番良いこととされていました。

バブル崩壊後は、、、

就職活動をする大学生は、「いかにして人気企業に就職するか?」「どうしたら早く内定をもらえるか?」で頭がいっぱい。

成果主義によるストレス、リストラにビクビクしながら「働く意味」をじっくり考える余裕もなく「仕事とはこうあるべき」「こんな風にやって行くもの」と上司や先輩から言われたとおりに刷り込まれたものでした。
最近では、、

ちょっと興味深い話を新聞社の方から聞いたのですが、今どきの学生さんの「就職への意識」ですが楽な仕事で、そこそこのお給料を望んでいる方が多いというのです。

プライベートを大切にしたいのは賛成ですが、、就職率のいい大学生の意識としてはちょっと残念ですね。もっと貪欲に素敵な夢を持つ若者が増えてほしいです。

うちの不登校気味の息子に、こんな質問をされました。「どうして勉強しなければいけないのか?」と、そう聞かれて、学校に行くのが当たり前だと思ってそんなことは正直考えていなかった私は随分考えて、、「行きたい学校に進学するため」「就職先の幅を広げるため」と、話ましたが、、

最近それすらも、私の「大きな思い込み」なのかもしれないと、感じるのです。

何が正解かはわかりません。ただ、自分の意思でやりたい事を見つけたとき、そこからのスタートで頑張っても遅くないのかなと。。スイッチが切れて、充電切れのときに無理に周りが動かそうと思っても無理なのかもしれないと、自分の過去を振り返って今思うのです。

30~40代の主婦世代になると、、、

仕事にも慣れ、ベテランさんになってきた頃に子育ての時期がきて、子供もしっかり自分で育てたいと、子育てどっぷり生活を選択した私ですが、そればっかりも、どこかで疲れてしまうものです。そこで私は気分転換とスキルアップのために、育児と両立できる完全在宅ワークを見つけ実践してきました。

実際のところ家事・育児だけでも大変なのに、、女性として自分磨きをしつつやりたい仕事を見つけるなんてとても無理!!!と、きっと諦めているママも多いと思います。

私もそう思っていましたが、でもそれですら「大きな思い込み」って事もあるんですよね(+_+)

「やる!」とか「出来る!」とあなたが意識して、行動に移したら以外と周りが協力してくださったりで、実現しちゃうのかもしれませんね^^

ライフワークバランスとは、そんな夢を潜在的に抱えている人々が増えて来たので、あえてそう「ライフワークバランス」と、うたってまだ勇気が持てないママに「大丈夫だよ~」と励ましてくれている言葉なのかもしれませんね^^

「こうなりたい!」を叶えるのは自分でしかないのです。子育て中の主婦であれば、家事・育児を手際よくこなしながら、仕事のキャリアもしっかり積み上げ、理想の自分像に淡々と近づいていくのでしょう♪

でもそのためにはまず、「こうなりたい」という夢を思い描かなければ始まりませんが、、、

また、漠然と夢を持っていても、無理だと思いこんで諦めてしまってはもったいないことです。まずは自分を信じて小さな1歩を踏み出すことが大事なことだと思います(*゚▽゚*)♪

 

子育て主婦がライフワークバランスを実現する究極の在宅ビジネスとは♪

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ