ネットワークビジネス  女性の出番

ネットワークビジネス『女性の出番』で、ナンシーさんが言われるように、私は「生活をするだけのために働く」のは絶対イヤなのです!

Youtuberが、「好きなことだけして生きる」と、うたっていたり、ホリエモン(堀江孝文さん)も「本音で生きる」=好きなことで生きていく、と言われていますが「実際そんな現実甘くないんじゃないの?」と思われている方は多いと思います。

でも「大好きなことで生活する!」「絶対できる!」と信じてしまうと、ちゃんと引き寄せられるのです^^

好きなことをお金や時間に縛られずできるようになるとしたら、あなたはどんなことをまずしたいですか?そんな素敵な願いが叶うビジネスはないかと探している方が、このネットワークビジネスに出会うことが多いのです。

この書『女性の出番』は世界中の国々で、自立を望み自活する道を探す無数の女性に読まれているベストセラーですが自立し自活するのはただ毎日の生活を安心して過ごすためだけではなく、そのことによって「あなたの人生で本当にやりたいこと」を実現する自由なお金と時間を手にしなさい!とナンシーさんは呼びかけています。

「え?食べるためには、イヤなことだってして働かないといけなんじゃないの?」という声も聞こえてきそうですが、、でも「仕事」って1日の中でも、もっとも時間を割いてしまう「時間」なんですよね。

「お給料がいいから」だとか、、「楽な仕事だから」なんて理由で、職業を選択して、毎日「わ~、まだこんな時間? 早く時間たたないかなぁ」とか「1週間長いなぁ~まだ水曜日なのか、、」なんて思いながら、仕事するのって、おもしろくないとおもいませんか? 時間は有限なのです。

あなたにしかできないあなたの得意なことを仕事として選択するべきで、私は絶対妥協したくないし、自分を生かせる意味のある仕事がしたいと思うのです(*’▽’)

自分を生かせる仕事を見つけるとどうなるのか?

好きな事をしている時間って、あっという間に過ぎていき、仕事とプライベートの堺目がなくなるくらい楽しい時間を過ごせるのです( *´艸`)

人生を自分のものにする」とは、自分にとって重要と思うことをすべて実行できるお金と時間を手にすること。配偶者や大切な人や子供達と一緒に良い時間を過ごすこと。そして特別な目的、趣味、あるいは公共の利益のために、あなたが思うように使えるいかねと時間があることなのです。

ナンシーさん自身が努力し成功した道ゆえに、彼女の言葉には説得力がありますね。。

ネットワークビジネスで成功するには、人に話を伝えること、その人の世話をして、育てることが大いに要求されます。世話をすることと、育てることは私たち女性の得意とするところですよね。このチャンスは完全に女性のためのものなのです。

根気よく続ける」ことが大切なのです。

やるべきことは、次のことだけ

* もっと収入を得て人生を変えようという、意欲を持つこと。
* 参加して、製品またはサービスを利用すること。
* 教育とトレーニングを受け、何をするべきか、何をしてはならないのかを知ること。
* その後に、分かち合いと支援、これを繰り返していきます。そして最も大切なことは、どんなビジネスでも同じですが我慢
強く、粘り強く、ビジネスを成長させること。最初はゆっくりと、次第に速度を上げていきます。

失敗する理由とは

* どのように成功するのか、成功にどれくらい時間がかかるのか、本当には理解していなかった。
* よいトレーニングを受けず、強力な継続的支援を得られなかった。
* 参加した会社が良くなかった。正しい会社なら、愛用でき信頼できる製品やサービスがあり、実際に人と分ち合えると信じるようになります。
* 自分自身または紹介してくれたスポンサーを信じなかった。

失敗する1番の理由は「信じていない」こと。また自分はできるという可能性に疑念を抱くと、早々に諦めてしまうのだそうです。本当にその通りですね。

このネットワークシステムに従うかぎり、けっして失敗はありません。もし失敗することがあるとすれば、それは単に成功するまで待てず「システム」に従わずに途中で辞めてしまうか、あるいは「システム」を正しく使わなかった場合だけとありましたが、ネットワークビジネス本にはたいていこう書かれていますね。

最後に『ネットワークビジネス女性の出番』の中で、ナンシーさんが言われていることとは、ネットワークビジネスの基本を丁寧に教え、大切に育て、粘り強く継続し、その成長を見守りながら自分もともに成長していくというビジネスの本質はまさに女性の持つ資質に合致したもので、女性に断然有利な仕事なのです。

 

「好きなことだけをして生きる」という選択もあるのに、まだ今の生活を続けますか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ