ネットワークビジネスは断られることが仕事

めげる必要はない

ネットワークビジネス断られることが仕事なのです。」というと、「え、そんなの?どういうこと?じゃ、もっと人に声をかけにくくなるじゃない。」と、思われるかもしれませんが、その反対なのです。

やはり、人に声をかけて断られたら、誰でも落ち込みますよね。。なぜなら、ほとんどの人が、声をかけた人に対して期待をしてしまうからです。だから、断られたときのショックも大きく、めげてしまうのですね。

成功しているリーダーは、「ネットワークビジネス断られる仕事」だと思っています。それは、声をかけた人、皆がみんな興味を持つわけではないと知っているからです。

断られて当たり前だと初めからわかっていたら、1人ひとりの反応にビクビクしている場合ではなくもっと沢山の人に声をかけることで興味のある人に、いつかはぶち当たるというわけなのです!(^^)!

からしか、は生まれない

わかりやすいのが営業マンです。外回り営業だと、何人ものお客さんに会わないと契約は取れませんし、電話営業なら件数かけないと、契約は難しいのです。もちろんただ会ってマニュアル通り話すのではなくマーケティングの勉強もしなくてはいけませんよね。

私はテレアポインターですが、電話なので、電話を切ってしまえばすぐ次へと切り替えてどんどん件数をかけることはできるのですが、外営業のように面等向かって断られるのはまだ経験がないのです。

性格や、向き不向きもありますが、かなりメンタルが強くないと難しいかもしれません。 う~ん、でも契約が決まる時の喜びは大きいので、その契約が決まった感覚を忘れずに頑張る!というのもアリかもしれません。

ただ、もう一つの問題が、口コミ展開のネットワークビジネスの場合、知り合いに声をかけていきます。知り合いに断られるときに心がめげてしまうかもしれません。

そこを突破できる人が、成功者への切符をてにすることができるのでしょう☆彡 営業マンや口コミ展開のネットワーカーで成功されている方は本当に尊敬してしまいます。

ネットワークビジネスは「確率」のビジネスといいます。

ネットワークビジネス・パーフェクトマニュアルの著者 佐藤幸雄さんが言うには、10人に声をかけてアポが取れる確率は3割程度!でも決してこの数字は低い数字ではないと言います。

野球であれば一流打者と言われる人の打率は3割。これは、10回打席に立って、ヒットを3回打てば年俸を一億ももらえる選手になれる数字ということなのです。つまり、ネットワークビジネスも10人中3人が聞いてくれたら御の字なのです。

しかも数多く声をかければけかるほど、聞いてくれる人が多くなるので、登録してくれる人も必然的に多くなってくるのでそこからピカさんビジネスを真剣にする人)が出やすくなるのです。  「ピカさん」って、なんかかわいいですね^^

 

ネットワークビジネスは、この3割の聞く耳のある人たちの中から「ビジネスとして本気で活動しよう」という、わずか数人のピカさんを「見つける」「探す」仕事なのです。

量からしか質は生まれないとは言いますが、ネットワークビジネスをインターネットで伝えるという方法もあるんです。ネット上で伝えるということは、24時間世界の人へ向けて発信することになるので、もっともっと沢山の人へ伝えることができるということなのです^^ 面等向かって断わられるということはありません。

ただ、ブログを構築するまで時間はかかります。自分との闘いではありますが、文章を書くことが好きな方や、口コミのネットワークビジネスでうまく行かなかったけど諦められない方、また在宅でできるビジネスを探している方が、セミナー登録されています。

一攫千金みたいな誇大広告が沢山ネット上には溢れていますが、お伝えすることを丁寧に地道に取り組まれる方に来ていただきたいので、正直にお伝えしています<(_ _)>

インターネットでネットワークビジネスができる時代になったのは本当にうれしいことですね^^ あなたが寝ている間にもブログが勝手に仕事をしてくれるのですから( *´艸`)

 

断わられても、めげなくていい在宅ネットワークビジネス ここにあります!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ