有言実行 アップにコミット(宣言)する

よく有言実行と言いますが、有言実行とは自分を自分で無理やり行動する環境におくこと。

成功者といわれる人たちは「言行一致」していて、常に「有限実行」している人ということです。

身近なところでの話だと、学校役員で仕切って仕事を進めることのできる人は、有言実行が普段からできる人だと思う。的確な指示や判断は、誰にでも出せるものではないし、人一倍責任感が強く、普段から言行一致していて、誰からも信頼され、役員を任せられる人というイメージが、その人たちにはあります。

有限実行とは自分に対しての誓いを立て口に出していうことです。そうすることで皆の前で言った手前、その通り行動しなければ恰好がつきません。でも、すぐ行動に移して、目標を達成したときの気分は最高です^^ それを毎月続けることで、日々充実し、どんどんゴールの旗も近づいてくるのです。

不言実行というと、公言せずに実行していくことですが、黙々と取り組む人ってカッコいいと思っていましたが、、「言わない=逃げ道がある」ということとも取れるようです。

心が痛い、、 と思われた方もいるかもしれませんね。確かに、口に出さずにいては、結果が出なかったとき、何の責任も生じません。ある意味、卑怯なやり方かもしれませんと辛口なお言葉も本書にありました。。

重要なのは、「やると決めたことを口に出す」ことが大事なのです。

アップにコミット(宣言)する

ネットワークビジネスで月はじめに、各自でコミットする場があります。(口コミ展開ならセミナーで、ネット展開ならグループメールの中で宣言する)

そして月末に実際にコミットしたことで、でできたことをみんなの前で伝えます。コミットしたことが達成でいなくてもペナルティーが科せられることはありません。

あくまでも自分との約束なのです。

コミットすることによって、責任感が生まれ、自分を鼓舞するようになっていくことは間違いありません。また、アップに対してコミットすることも非常に重要です。

そうすることで、あなたのやる気を示し、アップからの協力を取り付けることに役立つからです。そんな熱意のある人には優先して力を貸そうという気になるのです。

ネットワークビジネスは団体戦です。アップから正しいやり方を教えてもらい、ダウンへ正しいやり方を伝えるコピービジネス、また周りからの力を借りて、大きい組織を作っていくビジネスでもあるのです。

 

しっかりサポート!安心在宅ワーク成功法とは

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ