美容機器 お家でエステ

美容機器を売るのはエステできれいになるより難しい

2016年ネットワークビジネス売上げランキングによると美容機器を商材とする企業は6位という結果が出ています。

ちなみに1位は健康食品、2位化粧品、3位下着、4位健康機器、5位が台所用品です。この中で美容機器や健康機器を耐久消費財といい、健康食品や化粧品は一時的消費財、一般的には消耗品といいますね。耐久消費財である美容機器などを売るのが主な仕事であるネットワークビジネスの場合、相当営業的な技術が必要になるといえます。

平均して1台30~40万円ほどの美容機器は確かに高額ですが、自宅でエステ気分が味わえて、エステに通うよりは割安になります。そのあたりのメリットを上手く伝えることができて売れれば大きな報酬に繋がりますが、毎月新規の顧客を探すのは大変です。

美容機器は高額でいちどきりの購入でも、化粧品とセットで売ることができればそちらで毎月リピートしてもらえる可能性があります。やはりリピート商品はある程度の安定収入になるので精神的にも楽になります。ネットワークビジネス売上げランキングのダントツ上位を占めている商材が健康食品、化粧品という結果になっているのは当然ですね。

 

健康食品を扱うネットワークビジネス企業が多いと、ライバルが多くて大変なようにも見えますが、実は様々なタイプの人のニーズに応えると同時に業界全体を盛り上げるという意味では、参加企業が多い方が良いのです。

美容機器のような高額耐久消費財を売るのであれば

☆ 美容機器 には  ⇒⇒ 化粧品
☆ 健康機器 には ⇒⇒ 交換部品
☆ 浄水器 には ⇒⇒ 交換フィルター

というように、付属品として消耗品を組み合わせるケースが多いですね。購入した人も「せっかくいいモノを買ったんだから続けなくっちゃ!」とリピートしてくれる可能性も高いでしょう。

高額な商品を売り、さらに付属の消耗品もリピートしてくれるように営業トークを駆使し、売った後もフォローするのはかなりのエネルギーが必要だと思いますが、努力しただけの報酬を得られるかもしれません。ネットワークビジネスを本業とするほどの意気込みと余裕のある方に向いていると思います。

 

余談ですが、以前超音波美顔器の体験をしたことがあります。綺麗なお姉さんに担当してもらい、とっても気持ち良かったです^^顔の半分にクリームを塗って超音波をあてられ、鏡を見ると顔半分が上にシュッと上がっているではありませんか!!(上げなかった方の半分はどうしたのか、、まあ、上がった方が時間とともにまた下がってちょうど良くなったのでしょう(笑))

そんな即効性を見せられると、高額でもつい買ってしまう女性たちがいるかもしれませんね。そうして毎月安定して売れるならビジネスも安泰なのですが、それをどこかのメーカーの美容部員としてではなく個人で展開するとなると、相当の人脈や積極性が必要だと思います。

 

ネットワークビジネスを始めるのならば、商材選びはとても大切です。

まずは自分が営業に向いているのか、そうでもないのか。営業の才能やセンスがあるなら高額な美容機器のような耐久消費財を売るという道も選択肢に入るでしょう。でも営業の経験もなく、あまり自信もないなら、そして人脈といっては家族、友人、知人しかないならば、高品質・低価格の健康食品や化粧品などの消耗品(リピート商材)を扱うのが無難です。

 

私は本業で電話営業をしているので、モノを売るのは得意な方かもしれませんが、それでも副業としてのネットワークビジネスは消耗品を商材としているものを選びました。美容機器は私もほしいですし魅力的だと思いますが、自分が副業として息長く続けていくことを考えると、商材として選ぶ気にはなれませんでした。

 

そして、健康食品や基礎化粧品がいくら良いものであっても、ふだんお付き合いしている友人たちはもちろん、自分の母や兄弟姉妹にでさえも、いえ、私のことを思って気を遣ってくれるような人たちだからこそ、その人たちを相手に商売をすることは精神的に難しいなと思うタイプなので、ビジネス展開の方法としては在宅ネットワークビジネスを選んだのです。

何事も、「己を知る」ということが成功の基本ですね^^

いつ話を切り出そうかと気を揉む必要のないネットワークビジネスはこちら♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ