健康食品 続けられる理由

健康食品(サプリメント)を販売するためにネットワークビジネスが誕生したのはご存知でしょうか?

現在のアムウェイ(1934年にカリフォルニアビタミン社として創業)「ニュートリライト・プロダクツ」が世界で初めて健康食品ネットワークビジネス展開しさせたのです。

ネットワークビジネスに向いている商品は、基本「消耗品」です。

使ってみて気に入ってもらい、リピートしてもらうことで、商品が流通することで報酬がもらえ、会社も安定するのです。ネットワークビジネス会社の中では、市場の半分以上も占めている、1番多く扱われているの商品がこの健康食品なのです。

健康食品の種類

・ サプリメント
・ 飲料
・ 水

健康食品やサプリメントの利用状況・利用目的

最近の調査によると、約3割の人が毎日利用しています。また、健康食品やサプリメントを過去利用したことがある人は8割。大人に限らず、幼児から高校生まで利用されています。

健康食品やサプリメントの利用目的としては、病気の予防だけではなく、健康の維持、栄養成分の補給、疲労回復、ダイエットのため利用されています。

またそのうち5%は、病気の治療目的で使われているのだとか。以前ドイツの病院では風邪の薬と一緒にカモミールティーを出されたことがあります^^ そういえば、先日うちのネコちゃんが病院で薬と一緒にサプリメントをもらいましたよ。
野菜が取れる土も、農薬により栄養分がない土になってきていて野菜自体に栄養があまりないため、栄養不足をサプリメントで補うと聞きました。

我が家では庭でミニミニ菜園をしています。お茶殻や卵の殻を混ぜたりして土を肥やしているのでミミズが増えて、土がとても元気です^^その土でできたほうれん草は、グリンピースのような、美味しい濃い味のモノが収穫でき、お店で買ったものとは全く違う味がするんですよ♪

私は1年ドイツに住んでいたことがあるのですが、ドイツで野菜の味が濃いにびっくりしました。日本の野菜はあまり味がしないのです。そう考えると、普段の食事できちんと栄養が摂れているのかが気になります。

そこで栄養を補うために健康食品(サプリメント)でしっかり摂る様にしたところ、劇的に体調が変わってきました。

健康食品やサプリメントの情報源と入手経路

健康食品やサプリメントの情報源としてはやはり広告、口コミ、テレビ、新聞などでしょうか。そして購入は店頭もしくはインターネット、また通信販売になります。

ただ、企業は自社商品を売りたいため、誇大とは言いませんが、とてもうまく宣伝します。テレビの通販なんて、深夜に見ていたら、どの商品もすべて必要?と思うくらい宣伝が上手いのです(笑)

うちの母も以前、「効いているのかどうか、よくわからないなぁ」と、なんとなく健康食品を飲んでいたので、私のお気に入りサプリを教えてあげました。

健康食品・サプリメントはただの気休め?

「普段の食事で取れない栄養を健康食品・サプリメントで補いましょう」と言っても、効いているのかどうかわからないものは、なかなか継続が難しいのです。

またテレビでは、次々とワクワクするような新しい商品の宣伝(笑)そうなると、今飲んでいるものは飲み切れず、いろんなものを試して、、、、

結局、継続出来ず、なにかしら「健康食品を飲んでいる」と、気休めでしかない感じになりかねません(・∀・)

ネットワークビジネスの健康食品・サプリメント

ではネットワークビジネス健康食品・サプリメントはどうでしょう。

その点、ネットワークビジネスの製品のいいところは、製品の広告を一切カットした分、ネットワークビジネスとして会社を長く継続させるために、製品の研究にしっかりお金を投入します。

会社によっては、内容のいい製品が、市場価格の三分の一で購入できたりするのです^^

ネットワークビジネスとは、製品が流通して成り立つビジネスです。会社の製品を試してみて、自分の体に結果が出ると、その製品が手放せなくなるので、ビジネスもやりやすく、またビジネスの結果もしっかり出せるのです。

購買型であれば、製品が届くのを楽しみに、自分が試す分だけ購入するので、在庫を抱える心配もありません。

ネットワークビジネス市場の半分以上を占める、1番多く扱われているの商品が健康食品・サプリメントだということは、納得です。

 

少ない投資で、副業として取り組める在宅ネットワークビジネスはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ