ステアステップ 代理店制度

ステアステップネットワークビジネスの原型ともいえる代理店制度。一般企業の代理店と同じです。

ネットワークビジネス ステアステップ

製品を割引価格で仕入 ⇒ 定価で販売 ⇒ 差額が収入

↓           ↓        ↓

(仕入れ値80円)     (販売100円)   (利益20円) になるという仕組みです。

ステアステップのメリット

・シンプルなので伝えやすい。

ステアステップのデメリット

・ダウンラインが自分と同じタイトルになると差額のボーナスが発生しなくなってしまう。
・初期投資として在庫を抱える場合がある。

ステアステップの会社

アムウェイ、ニュースキン、ハーバーライフ、FLPジャパン、三基商事、シャルレ、ノエビア、高陽社

ネットワークビジネス = 教育することの重要性

多段階のタイトルを1ずつ獲得していくことで、製品の割引率もどんどん高くなります。低価格で製品を購入できれば、より多くの報酬を獲得することができるのです。

ステアアップの大手企業は「ステアアップ」から発展させたブレークアウェイを採用しているようです。

また、グループラインを育成することにより、さらに高額の収入を得られます。ステアステップだけでなく、ネットワークビジネス全般に言えることですが、ネットワークビジネスは「製品を売ること」でなくダウンへの「教育」と「組織作り」がもっとも重要で大切なのです。

「商品を販売する」だけでは、企業の営業と一緒で、毎月毎月あくせく売り続けなければいけません(T_T)。。継続的な小売事業は大変ですし、それでは時間を対価に収入を得る労働収入になってしまいます。。

ネットワークビジネスの醍醐味は何といっても不労所得!組織グループができるまでは、時間と労力が多少掛かりますが、報酬システムだったり、ビジネスの進め方を正しくダウンに伝えることで、同じ「働く」でも、先で不労所得に繋がっていくのです。

「ダウンに丁寧に教育する」と、教育したダウンがまた傘下に同じように教育していってくれるのです。子育てと一緒で、巣立って独り立ちしていき、またかわいい子供が生まれて(ダウン)親としてしっかり育てていくのです^^

副業としてネットワークビジネスを選択する人は、この素敵な仕組みをきちんと理解しているからこそ、時間を費やして多くの人が取り組んでいるのですね☆彡

私はユニレベルで確実に!ネット展開のネットワークビジネスで決まり♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ