MLM用語 ま行

マーケッター

専門的な知識を持つマーケティング戦略立案者のことをいう。
人脈から組織を構築し、消費者を集客する計画的に作り出すネットワーカーのこと。

マーケティングプラン報酬用語

報酬支払い条件の事。
この業界では、通常は、ビジネスプラン、報酬プランと同じ意味。

マージン報酬用語

販売手数料やランクによる差額収入など、ビジネス活動によって得られる利益のこと。
還元率をマージン率と呼ぶこともある。

マトリックス報酬用語

『行列』を意味する報酬プラン。
個人とともに会社や紹介者が一緒になってリクルートして
順列的に組織を構築するプラン。

マネーゲーム

実際に商品の販売活動や普及活動をせずに、投資した特定負担が何倍にもなって返ってくると
偽って勧誘する犯罪行為。ネットワークビジネスの場合、商品の価格の中に
商品原価・会社の利益・会員のボーナスの分が割り当てられているが
マネーゲームの場合は計算してみると明らかに商品代金を大幅に超える過剰払いになっている
プログラムが組み込まれている。
末端参加者の売り上げを上位者の還元に充当し続けることによって
ある時期までは「買い支え」が続くが、参加者が一定率以上で増え続けなければただちに破綻する。

マルチ商法

MLMとはマルチレベルマーケティングプランの略称で、連鎖販売取引という。
「マルチ商法」という呼び方は、被害者を出した場合のマスコミ側の呼称で
個人がビジネスをするシステムとして、合理的で多角的な応用ができることから米国で
「マルチレベルマーケティングプラン」として発祥した。
本来「マルチ」とは良い意味で使われるが連鎖販売取引であるというだけで「マルチ商法」
と聞くとひとくくりに悪徳商法と思われるところがあるので健全にビジネスをしている企業は
とてもやりにくい。

MLMへの一般的な偏見は時代の流れとともにこれから参入される方のためにもしっかり改善されなければならない。

マルチまがい商法

「マルチまがい商法」というのは、連鎖販売取引の法的な定義の用件(特定負担や再販売など)の
一部を逃れて規制対象外とする商法。
平成13年6月の法改正によって、現在は「マルチまがい商法」では存在できない環境になっている。

マネーゲーム

実際に商品の販売や普及活動をせずに、投資した金額の何倍にもなって返ってくると偽って勧誘する犯罪行為。
ネットワークビジネスで言えば、商品の価格の中に商品原価・会社の利益・会員のボーナスの分が割り当てられているが
マネーゲームの場合は計算してみると明らかに商品代金を大幅に超える過剰払いになっている
プログラムが組み込まれている。

MLM (マルチレベルマーケティング)

マルチ・レベル・マーケティングを省略したもので
ネットワークビジネスやネットワークマーケティングと同義語。
連鎖販売取引を販売方法に取り入れているビジネス形態。

商品を直でメーカー(主催企業)から消費者に届ける。
口コミで知人などに紹介し組織を大きくしていく。
商品が流通した場合には、紹介者や協力した人達に対し成果に見合った報酬が支払われる仕組みになっている。

マルティプリケーション

マルティプリケーション=増殖。
ここでは倍数的な増加効果を狙った戦略を意味している。

マンスリーボーナス報酬用語

1ヶ月ごとに支給されるボーナス。
クーリングオフの20日間を過ぎてからをボーナス日に設定されていることが多い。

メインセンター

最初の登録ポジションをメインセンターと呼ぶ。

メインライン

自分からのグループの中で一番売上をあげているライン。またはパワーライン。

モニター商法

一般的にはモニターになると商品が安くなると言ってモニター料といった名目で
収入を得られるといった勧誘を行なう商法のことをいう。

モニターになることによって毎月のクレジット代金を全額会社が負担すると偽り
高額の商品を購入させる仕組み。
最初はクレジット代金を会社が負担するので、モニターになった会員はすっかり信用してしまう。
そのクレジット代金は、末端の新規参入者の組んだクレジット代金で賄われるので
会員が一定率で増え続けなければ破綻する。被害者は多額のローンを抱えることとなる。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ